ホームページ管理人「児玉春信」作の物語他

楽しく、明るく、健康的に笑顔あふれる毎日を過ごすための物語他です。

No1 まごころ地蔵

人間にとって基本的に大切なものは「真心」です。真心を木で例えるならば根っこではないでしょうか。この根っこがしっかりしていれば嵐(様々な誘惑等)に勝利することができます。しかし腐っ...

続きを読む

No2 お釈迦様に助けられた「与久二郎」

不況脱却法の一つは「人の心にあり」。人間生きているときが華です。生きているときお金を貯めることも大切ですが、世の中のためになるように使うことも大切です。・・・この物語は「消費を向...

続きを読む

No3「貧乏神」を「福の神」にしてしまった甚平

ものごとは合理的な考え方だけではなく、一見マイナスに見えることでも違った視点や受け止め方、対応によってプラスに変わることもあるのです。人生の困難や逆境などのマイナスの状況になった...

続きを読む

No4 村人を救った、役立たずの大男

「いじめ」は人の心を傷つける「人権侵害」にあたる悪いことです。自分にしてもらいたくないことは、人にしないでください。今だれかをいじめている人は即刻いじめをやめましょう。「いじめ」...

続きを読む

No5 落ち葉を小判に変えたおじいさん

◎この物語を考えた目的 人間は感情の動物です。口から出た、たった一言によって殺人事件も起きます。そんな人間の持っている感情によって様々なトラブル、いじめなどが毎日のようにどこかで...

続きを読む

No6 引きこもり息子の甚五郎

塩原温泉の温泉宿「もみじ屋」の「損だべぇー娘のお竜さん」の問題を解決した修行僧の聖心は次の宿泊地の日光へと急いでいました。日光では大きな問題が待ち受けているのでした。聖心は、はた...

続きを読む

No7 ネズミの「三太郎」の恩返し

この物語は人間とネズミの闘いを通して、人間は最後には瞬間的に鬼の心から菩提心(仏心)になれることを解ってもらいたいと思って考えた物語です。今、何らかの理由によって人を殺そうと考え...

続きを読む

No8 まごころ地蔵の相談物語等

No12.「まごころ地蔵」の、いじめ相談A 時は地球世紀21世紀の、西暦2006年。地球から9000億兆光年離れている、神界の精霊党党首であり、神界総理でもあるウルトラエ...

続きを読む

No9 人さらいの問題を解決した王様

むかしむかし、ヨーロッパのあるところにハンガー王国という王国がありました。この王国は富国強兵をスローガンにどんどん国力をつけていました。隣の力のないユウセン王国はこのハンガー王国...

続きを読む

No10 宇宙の法則

宇宙は一体何からできているのでしょうか? 大きくいえば銀河団、星雲等などの集合体でできています。そしてそれらを内的に究極的に追っていくと元素(最小粒子は原子)にぶち当たります(こ...

続きを読む

No11 まごころ地蔵の説法・・・・天は見捨てません

まごころ地蔵の説法・・・・天は見捨てません◎下記の文中の「ダイヤモンドのように光り輝く魂」とは「人類が共通に持っているダイヤモンドのように、美しく強く明るく、きらりと光る...

続きを読む

No12 あなたに贈る言葉

あなたが何かの問題意識を持って、その問題解決のために挑戦し続けるならば、あなたにとって人生の敗北はありません。挑戦したならば必ず結果を出し、その結果にもとづいて、次の課題に挑戦し...

続きを読む

No13「損だべぇー娘」のお竜さん

世の中を損得でしか考えないお竜さんは、はたして心を入れ替えることが出来るのでしょうか。昔々、下野の国(今の栃木県)の塩原温泉の「もみじ屋」という小さな温泉宿に「お竜」とい...

続きを読む

No14 ミミズの「ミーちゃん物語」

敵に勝つ力が何にもない弱い、弱い「ミーちゃん」の悲しい物語。この機会に何の力もない小さな命のことを思うことによって人への思いやり、いたわりのことを考えるきっかけになれば幸いです。...

続きを読む

No15 捨て犬の三郎物語

愛情豊かに飼われていた犬の三郎が、ある日突然捨てられてしまいました。三郎は、はたしてどんな犬になっていくのでしょうか。昔々、北国のある村にそれは、それは立派な庄屋がありま...

続きを読む

No16 宇宙創造の神々の攻防

神々の精霊党と悪霊党の宇宙創造の物語。精霊党が提出した「ビッグバン・スイッチオン法案」は果たして可決されるのか? 精霊党党首は「ウルトラエンゼル総理神」。悪霊党党首は「デビルサタ...

続きを読む

No17 口がへん曲がった田吾作

ひとの悪口ばっかり言っていた百姓の田吾作の運命はいかに? そして全国を旅している修行僧の「聖心」が田吾作に伝授したこととは? 昔々、関東のある田舎の村に、人の悪口を言って...

続きを読む

No18 のろまの「のろ侍物語」

生まれつき、のろまの「のろ侍」服部源吉の心の支えとなったこととは? 「のろま」というハンディを持って生まれてきた源吉はどんな人生を歩むのでしょうか。昔々、東京が江戸と呼ば...

続きを読む

No19 鬼の心も「愛」だと分かった大工の宗兵衛

偽装等の不正を防止するためには管理体制やチェック体制等の強化が必要ですが、最も根本的なものとは一体何でしょうか? 昔々、ある地方に大工になろうと考えていた宗兵衛という若者...

続きを読む

No20 ダイヤモンド魂になれると約束された「石ころの甚八石」

今、困難に直面している方々、今望んでもいないのに何らかの苦労している方々、今何らかの課題に直面している方々、今不安を抱えている方々、今何か知らないがもやもやしたものがある方々、津...

続きを読む

No21 魂をリフォームしよう

 魂のリフォームとは何か? それはずばり「ただの石ころがダイヤモンド魂を持った石ころになること」です。突然こんなことを言われてもおそらくピンとこないし、そんなことはあり得...

続きを読む

No22 天国の宴会

殺し合いの戦争によって先に殺された人間と、殺した方の人間が最後に行き着く共通のところが天国です。そんな天国からの視点で歴史上の人物を登場させて平和等について考えた物語です。今を生...

続きを読む

No23 スペースシップ「ギャラクスィトレーン」=(地球に現れるUFOの正体)

◎ いきなりこの物語に入られた方は、「宇宙創造の神々の攻防」を読んでからお読みになると理解しやすいですこの物語で人類に「善」と「悪」がある理由と、地球に現れるUFOの正体...

続きを読む

No24 1回失敗して死んだ男と、100回失敗して101回目に成功した男

 昔々、ヨーロッパのある国の町に、ヨワキとツヨキという二人の青年が住んでいました。二人は幼馴染で小さいときから仲良くしていました。二人の違いと言えば、ヨワキの家庭は神様を信じない...

続きを読む

No25 ただの石をとんでもないモノにしてしまった「友蔵」

2019年11月作 児玉春信【まえがき】            ただひたすら、ただの石を毎日毎日、汗をかきながらゴシゴシ磨く、ある村の「友蔵」という人物のお話。た...

続きを読む

No26 「生きる意味」が分かった自殺志願の惣五郎

この物語の構成(1) 惣五郎との出会い    (2) 聖心の過去   (3) 人間の基本(4) 惣五郎の苦悩   (5) 存在   (6) 天の考え(意思)...

続きを読む

No27 感謝じいさんと不平不満愚痴ばあさん

昔々、ある山奥の村に何でもかんでも感謝する変わった貧乏なおじいさんが住んでいました。朝起きれば「空気さんありがとう。お日様さんありがとう。木さんありがとう。鳥さんありがとう。」な...

続きを読む

No28 何でもかなえてくれる神様

昔々、あるところの小さな村に、それは、それは働き者の孫八という百姓がおったとさ。朝早くおきて、一生懸命働く、村一番の働き者だったとさ。孫八には、お福という女房がおったとさ。そのお...

続きを読む

No29 嫁や婿を追い出した鬼婆

昔々、ある村に、それは、それは大きな百姓の家があったと。田んぼは村一番たくさん持っていたと。そこの家には、そろそろ嫁をもらってもいい、年頃のせがれがおったと。せがれは年に一回の村...

続きを読む

No30 脳細胞とお金を床の間に飾っておくな!!

この世の中で様々な問題を抱えて苦しんでいる方々が大勢います。中には最悪の境遇の中で苦しんでいる方々も現実おられます。しかし、この世の中、やり直しができない人間は一人もいないのです...

続きを読む