お問い合わせはお気軽にどうぞ

意識革命喚起商品GFIT法の考案者及び本ホームページ制作・著作者 児玉春信

連絡先

仮事務所住所: 〒329-2745 栃木県那須塩原市三区町633-29 ガーデンハイツA-201

TEL:0287-46-5206

FAX:0287-46-5208

Eメール:ここから

事業者登録番号:T2060001011773
(MERCYCHANプロモーション株式会社)

(登記上の住所は「那須塩原市寺子917番地」ですが、事務所は事情(火事)により上記に仮事務所として移転しました)

MERCYCHAN Promotion Ltd.

Temporary office: A-201 Garden heights, 633-29, the third division, Nasushiobara-shi, Tochigi, 329-2745, JAPAN
Representation: Harunobu Kodama
(※ The address on registration is 917,Terago, Nasushiobara-shi. However, the office moved to the above-mentioned temporary office in the fire.)

会社概要

会社名 MERCYCHANプロモーション株式会社

住所

〒325-0011栃木県那須塩原市寺子917番地(登記上の住所)
火災により仮事務所へ移転・・・
移転先住所: 〒329-2745那須塩原市三区町633-29ガーデンハイツA-201
電話 0287-46-5206
ファックス 0287-46-5208
代表者 児玉春信
取扱商品 ステッカー、人生好転!!、名入れサンキュウシール、レターハートライン?意識革命喚起商品群全部を見る
設立年月日
2003年9月1日

MERCYCHANプロモーション株式会社

魂のイノベーションで新境地を切り拓き、人生を好転させよう!!

オールジャパン元気化™事業」を推進しているベンチャー企業です

MERCYCHANプロモーション㈱は意識革命喚起商品(=プラスエネルギー創造商品)に関する知的財産の管理会社です。意識革命喚起商品、 GFIT法の普及を通して 一人一人に気持ちのいい人生と悔いのない人生を生きるためのお手伝いをする会社です。

弊社は「新しい概念」の意味を持たせた「メルシーちゃん」「本気観音」「努力観音」「デキルマン」「ファイトガッツマン」「まごころ地蔵ガードマン「まごころ地蔵」というキャラクターの普及を通して明るく前向き肯定的に生きていこうということを提案している会社です。そして今、様々な試練という人生のマイナスに直面している人たちを発掘し、負の人生をひっくり返すお手伝いをしている会社です。またGFIT法による人間力の復活・向上を提案しています。人間の魂の爆発による自殺、いじめ、虐待、パワハラ、ストーカーや様々な犯罪を少しでも防止し、人生を勝利と成功に導く哲学・メッセージ・物語等を提供しています。この中から「新境地」に開眼するきっかけとなるような言葉等を発見していただけたならば幸いです。

※ 人類の理想に向かっての第一歩は「新しい人間観」で人間の心の世界を少しでも変える努力をしていくことだと弊社は考えています。

※MERCYCHANプロモーション株式会社は新しい「心の産業」のベンチャー企業です。

グッドフィーリングイメージトレーニング®法はその他多くのメリットがあります。この方法がみなさまのインナーライフに少しでもお役に立てれば幸いです。

よくある質問

児玉春信のプロフィールと、簡単な体験談など

  • 新潟県出身
  • 小学校は分校
  • 高校三年で剣道3段取得
  • 20歳で新潟市美術展において人生で初めて描いた油絵で美術協会会長賞受賞
  • 北陸ガス(株)を一身上の都合で退職
  • 新潟大学商業短期大学部卒
  • その後栃木県に移り住む
  • 自分の甘さとバブル経済崩壊で事業に失敗し、地獄へ落ちる
  • 2003年心のベンチャー企業MERCYCHANプロモーション(株)を設立
  • 2010年東京芸術劇場での藝術出版社主催による美庵大賞展で「メルシーちゃんキャラクター」が最優秀作家賞、藝術出版社賞受賞
 
 

[体験談]

  • 1989年(平成2年)1月の真冬の夜、高速道路の東北自動車道で軽自動車を運転中に大型トラック(鮮魚運搬車)に突然追突され(軽自動車は大破)、車内から運転席の窓ガラスを頭から突き破り(頭のてっぺんにガラスが無数に突き刺さっていたので分かる)、道路上に吹っ飛ばされました。惨状はご想像にお任せします。このとき、真っ暗な世界を何の痛みや苦痛も感じることなく、ただ上に昇って行く「昇天」というものを経験しました。しかし、奇跡的に一命を取り留め、九死に一生を得ました。頭から道路上に落ちたのではなく、顔を下にスライディングしていったのです。幸運は重なるもので、道路上に飛ばされたのですが、体の停止位置に車は来なかったのです。後遺症としては顔に少し傷が残った程度で済みました。目はつぶれることなく残りました。いったいシートベルトはどうなっていたのか? こんな疑問をあなたは持たれたことと思います。小生は高速道路では100パーセントその頃やっていました。その日は一般道ではしていなかったので、料金所の手前でシートベルトをわざわざしました。しかし、その日に限って料金所を通過したあと「きょうはどうも変な日だなぁ、と感じて、少し気持ちが悪くなりシートベルトをわざわざはずしたのです。ですから事故のときはしていなかったのです。これを「虫の知らせ」というのでしょうか。このことが衝突の衝撃を分散させたようです。どれくらいの衝撃だったかというと、車が半分に圧縮したほどの衝撃です。そして車はガードレールにも衝突しました。高速警察隊の話では、もし、シートベルトをしていたら間違いなく首の骨が折れて即死していたという話でした。こんな事故で生きている人間を見たのは初めてだ、とも言われました。なぜ即死かというと、すべての瞬間的な衝突エネルギーが自由に動く首に集中するのだからだそうです。それを聞いたときはなんともいえない気持ちになってしまいました。信じられないかもしれませんがこれは真実です。もしそのとき即死していれば、きっと今頃は地獄の閻魔大王によって、生前の悪行の罰として針のむしろに座らせられたり、煮えたぎった血の釜の中に入れられたりの極刑に処せられて徹底的に苦しめられているに違いありません。この事故は偶然だったのでしょうか。ただ単に運がよかったのでしょうか。それとも天の仕業だったのでしょうか。あなたはどっちだと思いますか。小生は皆さんに笑われるかもしれませんが、何年も考えて最終的に「天の仕業」と結論付けました。小生はいったん昇天して、またこの世に帰ってきてしまったのです。あなたはこんな体験をしたとき、どんな考え方を選択しますか。

「メルシーちゃん」が誕生した経緯

  • 小生は高校を卒業後、地元の民間会社に就職するも、一身上の都合により4年後にその会社を辞めました。それからいろいろな仕事を経験し、新事業にチャレンジするも失敗。それに加えて、家族の問題で心配事や悩み事も加わり、孤立感と、絶望感の淵に追いやられました。そんな苦しい状況の中でいろいろな葛藤がありましたが、最終的に見えてきたのが本当の「愛」と、本当の「笑顔」と、本当の「感謝の心」がない己れだったのです。逆境のときに、人間の本質的な一つの確信事項を文章にまとめているうちに「人間の善性の一つの証明」にたどり着きました。そして「己が善性に目覚めていない」どうしようもない、そんな己を発見したとき、変な考えは消え、ふと我に返ることができたのです。そんな最悪の状況の中で見えてきたものがこの3点だったのです。それを誰でも簡単に分かるように表現したものが「メルシーちゃん」です。この「メルシーちゃん」を心の中に毎日イメージしているうちに段々と元気が出てきて明るくなっていく己を発見しました。後でそれが脳内のミラー細胞の仕業だと分かったのです。なぜ小生が孤立感と絶望感の淵に立たされてしまったのか、ということを考えた結果、簡単に言うならばそれは人生という「欲望の荒海」を羅針盤もなく航行した結果だったということにも気付いたのです。さまざまな宗教書や哲学書等の多くの先人達の書物を片っぱしから読みあさり、猛省した結果その結論に達しました。そして最終的に約10年間考えぬいて「新しい概念(人類の夢と希望を創造する魂)」に開眼。「メルシーちゃん」と「GFIT法」は小生の反面教師から生まれたものなのです。人間は欲望の生き物です。しかし、本来持っている人間性(神性または仏性の魂)を失うと、どんどんと奈落の底へ堕ちていくということが分かりました。今起きている様々な事件なども、欲望の果ての結果ではないのか、という気がしてなりません。お釈迦様は人間の心の中にある仏性を「泥(欲望)の中に咲く蓮の花」にたとえて我々に分かりやすく教えられました。小生は仏性とまでは言いませんが、人間が本来持っている人間性(神性または仏性の魂)の一つの心の華を「メルシーちゃん」という誰でも簡単に分かるキャラクターで表現してみました。きょうからあなたも人生という「欲望の荒海」を「メルシーちゃん」という一つの羅針盤を持って航行していきませんか。また、「メルシーちゃん」は「心の酵母菌」としても位置づけています。あなたの心をこの酵母菌で発酵させて味のある人間に生まれ変わりましょう。
    E=mc2?

  • 小生の座右の銘・・・「最後は自分に勝て、敵は己の心の中にあり
  • 好きな言葉・・・「失敗は最高の先生也」
  • 意味・・失敗は誰もがしたくないが、実はその失敗が今まで気付かなかった多くのことを教えてくれる最高の先生という意味。

今、何かで悩んで苦悩している方へ少しでも参考になれば

悩んで苦しんでいることを悲観することはありません。きっと、あなたの心の中に、新しい何かが生まれる(考え方含む)生みの苦しみを天が与えている、というふうに考えてみてはどうでしょうか。だから短気をだして自殺しないでください。悩みや、心配ごとは、高じてしまうと眠れなくなり、神経が参ってしまったり、体の具合が悪くなったりします。そんなときは、医者へ行き、診察してもらって薬を処方してもらいましょう。眠れなくなったりしての「疲れ」が最大の敵です。悩みなどによって、自分が瓦解(崩壊)しないように先手、先手と手を打っていくことが大切です。そうすることによって、時間がかかるかもしれませんが、解決につながる糸口にたどり着くことができるのです。小生の経験から、今こんな一言を助言できます。私たちは体が弱り、肉体の病気になれば少しでも元気がでるように点滴などで栄養を補給します。心が弱ったら「言葉」という心の糧(食べ物)から心の栄養を補給しなければなりません。特に日本は小さいときから宗教的環境がほとんどないため、悩みなどで心が弱ったときの周りからのサポートはほとんどありません。そのことが一因となって孤立感や絶望感を招いてしまう、ということも言えるのではないでしょうか。インターネットで心の糧と検索すれば参考になるところがいっぱい出てきます。大いに利用しましょう。
創作読物のNo.18-A「まごころ地蔵」の出張サービスをご参照していただければ幸いです。

悩みなどの人生上のマイナスのことを克服していくためには「なにくそ!! こんなことに負けてたまるか!!」という根性も必要です。この根性は誰でも持っていますが、中には心の奥底に眠っている人もいると思うのです。そうした場合、呼び覚ます必要があります。その方法の一つとして「なにくそ!!こんなことに負けてたまるか!!」という言葉を声に出して、何回も自分に言い聞かせるのです。そうすることによって脳内のミラー細胞がその言葉をキャッチしてくれます。そうすれば段々とその気になっていくのです。

 


To the top of this page  このページのトップへ

Copyright ©Harunobu Kodama & MERCYCHAN promotion co,Ltd all right reserved. All right reserved.

トップへ