まごころ地蔵のメッセージNo2



ここは必ず確認



金の問題で命を落とすな!!

人生の中で一番大切なことは「命をつなぐ」ことです

ストップ・ザ・自殺(タイムトレーンに飛び乗れ)

挫折、失敗など、人生上のマイナス面をどう考えるか


人類がもし仮に、挫折や失敗などがなかったら、今どうなっているでしょうか。おそらくこれほどの科学的文明は存在していないでしょう。人間が利用している便利な機械や、乗り物、病院の医療器具などなど、その他たくさんの便利なものはあなたもご承知のように、人類が長い間、挑戦してきた結果生まれたものなのです。ここまでくるのに挫折や失敗の連続だったのです。

明るい空気と明るい心を創る額入りメルシーちゃん「人生好転!!」販売中

人間は一つのことに対して挑戦した場合すぐには成功しません。成功するためには挫折や失敗を何回も経験して目標に到達しているのです。人間の命も犠牲になる場合もあります。しかし、人類は挫折や失敗を繰り返しながら前進してきて今に至っています。

人間の人生も挫折や失敗したからといって悶々としていたのでは前進することはできません。悶々としていると「うつ病」になったり「神経症」になったりしてしまいます。ここで大切なことは挫折や失敗をどのように考えるか、ということなのです。結論から言うと、挫折や失敗は、今まで分からなかったことを教えてくれる宝の宝庫的なものだということです。挫折や失敗は次のステップへと前進するためのエッセンスが隠れているのです。こんなことをいうと「まさか」という人がほとんどです。しかし挫折や失敗がなければ新しいことは分かりません。最初から新しいことを分かっている人間はいないのです。挫折や失敗を経験して初めて新しいことに気づくのです。これが人間なのです。人類の歴史もこの繰り返しで新しいことを発見してすばらしい文明を創ることができたのです。挫折や失敗をして落ち込んでいる人はこのことに気づいて下さい。昔から「失敗は成功の基」というではありませんか。

数学でマイナスとマイナスを掛け合わせるとプラスになります。挫折や失敗などはマイナスの局面です。しかし、このマイナスをプラスに変えることが人間にはできるのです。
例えば、事業に失敗して多額の負債をつくりどうしていいか分からない人がいるとします。頭を抱えて悶々と悩んで「死ぬこと」を考えてはだめです。今の日本の中小企業ではこのような経済的な問題で自殺する社長が多いのです。こんな問題で死んではなりません。このような問題で最初に考えなければならないことは、まず借金の整理方法です。このような場合は法律で正しい整理方法を選択します。町金融の利子の高いお金を利用することは絶対にしないでください。又、強盗したりすると益々窮地に追いやられてしまうのが落ちです。法律ですから弁護士に相談してください。どこの都道府県でも無料法律相談をやっています。弁護士会に聞けば親切に教えてくれます。もし仮に弁護士を使って整理した場合、お金がなくても今はいい制度がありますから相談してみください。おのずと道が開けてきます。ここで大切なことは法律を使って正しい解決法を選択することです。ここを間違うと、とんでもない方向に行ってしまうのです。ある程度落ち着いたら新しい人生をやり直せばいいのです。そして新しい人生はその失敗した経験が必ず役に立ちます。お金に対する考え方、仕事に対する考え方が変わってきます。なぜ失敗したのかを反省していくとまったく今まで気付かなかったことを発見することができます。失敗したことによって正しい解決法を選択していくと新しい道が開けてくるのです。

先般、カネボウの旧経営陣による多額の粉飾決算事件が発覚しました、これは正しくない解決法を選択してしまったのです。旧経営陣が公認会計士らと結託して売り上げの水増しの粉飾決算をしていたのです。そのとき一時的にはうまく乗り切ることはできますが、いずれわかることなのです。このように人間は正しくない解決法を選択してしまうのです。だめなものはだめで、そのとき弁護士に法律を使った正しい解決法を相談していればこんなことにはならなかったのです。結果的には旧経営陣、公認会計士ら数人が逮捕されてしまいました。

挫折や失敗で正しい解決法を選択していくことは将来明るい方向にもっていくためにも大切な考え方なのです。このことは個人の問題でも同じです。
挫折や失敗などのマイナスをプラスに持っていくためにはぐずぐずしていたのでは対応が遅れます。対応が遅れれば遅れるほど事態は深刻化していくのが常です。早め早めの決断が大切です、「先手必勝」という言葉があります。まさにこの精神で問題解決にあたってください。

最近働きすぎによる「うつ病」も急増しています。このマイナスをどのようにプラスにしていくのか。ということを考えてみたいと思います。働きすぎる人はまじめで几帳面で優秀な人が多いのです。
人間の精神は交感神経副交換神経とによって成り立っています。交換神経は「がんばれがんばれ」と働きかける神経です。副交感神経は「休め休め」と働きかける神経です。働きすぎる人は交感神経を使いすぎて心が疲れて「うつ病」になったりします。人間は病気になったら医者しかありません。心の病は「精神科」です。なにか「精神科」というと日本人は抵抗がある人が多いようです。しかし、人間の体は「肉体」と「精神」から成り立っているので精神が病めば「精神科」です。胃やその他の内臓が病めば「内科」です。なにも「精神科」は恥ずかしいことも何もありません。例えば手の指は使いすぎると「腱しょう炎」になります。心の病も頭を使いすぎてこのような「腱しょう炎」になったと考えて下さい。ただそれだけのことなのです。変な風に思う人のほうがおかしいのです。きちんと「治療」することが大切です。
病気になるということは「休め」という身体の「サイン」なのです。今までの働き方を反省しながら治療してください。又「家族」のかたにも協力も必要です。「がんばれ」とかの励ましの言葉は言わないようにしてください。精神的にゆったり休ませて上げることが大切です。治れば元気になります。
ここで大切なことは「今までの働き方を見直す」ということです。無理があったから病気になったのです。人間は休むときは休まなければなりません。休むことも、働くことと同様に大切なものであると気付くのです。
人間はマイナスのことを経験して初めて新しい価値を発見していくのです。ですから、挫折や失敗などのマイナス面ばかりにとらわれて「自分はもうだめだ」とか「自分はもうおしまいだ」とか「将来を悲観する」とかの考えは捨ててください。だめではないのです。新しいことに気づく大きなチャンスが来ていると考えて下さい。今、あなたを一回り大きくしてくれるチャンスが来ているのです。このように考えて下さい。

次に人間にとって「悩む」ということを考えてみたいと思います。よく自殺した人のことを「何かの問題で悩んでいたようだ」とよく聞きます。人間にとって「悩み」というのは軽く考えることはできません。一人で悶々と悩んでいると夜も眠れなくなります。そして神経がまいってしまうのです。もし夜に眠れなくなったら医者にいき睡眠薬を処方してもらってください。まず眠ることが大切です。
次にあなたが悩んでいることを信頼できる人に相談してください。自分の心を開いて、正直に相談者に悩みを話してください。このことが最も大切なことなのです。一人で悩みを抱え込まないでください。人間は弱みを人に見せたくないという心理があります。しかし、一人では解決できないことが人生の中ではあるのです。人生の局面で人に助けてもらわなければならない状況下におかれる場合があるのです。そのような時は素直に実情を話し相談に乗ってもらって下さい。力になってくれる人が必ずいるものです。人に悩みを話すだけで心は軽くなります。
最後になりますが、人生の中ではいろいろなことがあります。又、いろいろなことがあるのが当たり前なのです。人生はプラス的なことばかりではありません。むしろマイナス的なことがたくさん待ち受けているのです。もしプラス的なことばかりで100パーセントすべてうまくいく人生だったら「何の生きる知恵」もなく「何の新しい価値」も発見することはできません。いろいろなことがあるからこそ人生の面白さや、人生の深み、楽しみ、喜び、人情の機微を感じることができるのです。生きていてこそ経験できるのです。死んでしまっては人間に生まれてきた甲斐がありません。

人生のマイナスの問題をプラス思考で粉砕していくことこそ新しい境地を開く極意なのです。人間にはそれができるのです。「私はだめだ」ではなく「私はだめでない」。「私はおしまいだ」ではなく「私はこれからが本当の人生だ」。という考え方をするだけで希望が沸いてくるのです。「考え方」はお金もなにもかかりません。コストはゼロです。自分で前向きな決意をするだけでいいのです。


「あしたは、あしたの風が吹く」と考えよう!

 人間は先のことは誰もわかりません。あしたは、あしたの風が吹くのです。もし分かる人がいればその人は神様です。どんな有名な占い師でも「あした、どこどこに住んでいる、誰と誰が交通事故で死ぬ」などということは分からないのです。もしかしたら、宝くじで2億円が当たるかもしれません。すばらしいアイデアを思いついて大成功するかもしれません。ですからあなたの先のことも誰もわかりません。人間は先のことを分からないくせに将来のことを勝手に悲観する癖があります。人生の中でマイナスの局面に遭遇すると「将来を悲観する」という人がたくさんいます。先のことは誰にも分からないのに、そのように勝手に考えるのです。人間は将来(先のこと)を考えるとほぼ100%不安になります。ですからそんなこと考えないで下さい。大切なことは「今」であり、今日一日です。
今、あなたの住んでいるところに最大風速60メートル級の超大型台風が近づいているとします。あなたはどうしますか。雨戸に板を補強したりして台風が通過するのをじっと待つと思うのです。それは台風がじっとしていなくて通過していくものだ。と分かっているからです。

 人生の嵐に遭遇すると、勝手に悲観して自らの命を絶つ人がいます。人生の嵐も台風と同じく通過していくのです。通過していくのを待てばいいのです。勝手に悲観して命を絶つようなことは絶対にしないでください。人間はプラス思考でどんな局面でも解決することができるのです。このプラス思考で、人生の嵐が嵐でなくなる日が必らずくるのです。そしてこの嵐を逆に感謝できる時も必らずやってきます。人生の嵐があなたを成長させてくれるのです。

・・・・ もしあなたがトラックの荷台から30キログラム入りの米袋バラ200袋を手卸で下に下ろす仕事をしようとしています。今はフォークリフトでほとんどおろしています。手で一袋一袋おろすのは大変きつい労働となるわけです。普通はいやな仕事でやりたくないと思うでしょう。しかし考え方によっては変わるのです。「今は運動不足でわざわざスポーツジムの会員になってお金を払い、汗をかいて運動している人がたくさんいる。この仕事をすればお金をもらいながら運動もでき、汗もかくことができる。こんな良い運動はない」と考えれば積極的なやる気がおきてくるのです。このように考えればマイナスがプラスに変換されるのです。人生上の様々なマイナスもあなたの「考え方」一つでプラスに変換できるのです。

まごころ地蔵のメッセージNo3へ

↑ここをクリックして下さい。

  GFIT法を実践してみませんか。
     
    参考メッセージ ・・・ 「生きぬく責任」(自己暗示法あり)
   

「あなたは死んではいけない」

    「若者よそんなに早く死ぬ結論をだすな!」


人間、命さえあれば、人生は何回でもやり直せます!!

もし変なことを考えているようでしたら、
考え直してみませんか。

GFIT法を実践してみませんか

上記の「◎GFIT法を実践してみませんか」のジャンプ先とは違うところへ
無料になった案内トップへ戻る

開運の法則へ  トップページへ ⇒このページのトップへ

Copyright ©Harunobu Kodama & MERCYCHAN promotion co,Ltd all right reserved. All right reserved.